豚肉メニューで疲労回復☆ 決め手はビタミンB1

スノボ スノーボード.jpg

スノボ・スキー場・リフト 割引き券・アルバイト募集情報
RSJ リアルスノードットジェイピー

HOME > 豚肉メニューで疲労回復☆ 決め手はビタミンB1

ウインタースポーツと食事学 コラム

豚肉メニューで疲労回復☆ 決め手はビタミンB1


はじめまして。
ジュニア・アスリートフードマイスター&ジュニア・野菜ソムリエの牧野美紀です。

そもそも身体を動かすのが大好きな私は、もちろん食べることも大好き♪
今月よりご縁があって「RSJ×アスリートフードマイスター」のタイアップコラム企画に参加させて戴くことになりました。 皆さまどうぞ宜しくお願いいたします。


今シーズンのゲレンデは積雪も多く、日々各地よりスキーやスノーボードを楽しむ声が聞こえてきています。

私とスキーは、仕事の関係で知り合った方々に 志賀高原のチャレンジ70という企画(今はありませんが…)にお誘いいただいたことにはじまります。

当時はレンタルスキーにレンタルブーツ…。かつ、ロクに滑れない中、皆さんに助けてもらいながら広い志賀高原を滑ったのはとても楽しい想い出です。

みんなでワイワイ楽しむ方、大会や検定など目標に向かってチャレンジされている方などウインタースポーツの楽しみ方は十人十色…。

まだまだシーズン途中! 皆さん楽しんで行きましょうね!!


さて、今回は「疲れと食事」について考えてみたいと思います。


■「疲れのしくみ」

身体が疲れるということは、体内はどういう状態なのでしょうか?

まず、身体を動かすにはエネルギーが必要となります。

このエネルギーを消費した後に発生するのが疲労物質です。

エネルギーを消費し続けているとどんどん疲労物質が蓄積されてゆき、やがて筋肉の動作を邪魔したり、息があがったり、疲労を感じるようになります。

身体が疲労を感じては、せっかくの楽しさも半減です。

では疲労軽減・疲労回復のために、日々の食事をどう心が掛ければよいのでしょうか?



■「疲れを取る食事」

普段の食事をちょっとした意識をするだけで疲労感を軽減、また疲労回復できればイイと思いませんか。

疲労軽減・疲労回復に効果があるといわれる栄養素は、主にビタミンB群。

その中でもビタミンB1は、特に効果的なビタミンと言われています。

ビタミンB1は肝臓で糖質をエネルギーに変える際にも使われ、自律神経のバランスを整える栄養素。

このビタミンB1は人間の体内では作られない栄養素であり、食物から摂取しなければなりません。

しかし、ゲレンデでの食事は 基本的に外食。

そこで限りあるメニューの中から、ぜひ選んで頂きたいのが「豚肉」を含むメニューです!

豚肉は脂っこいイメージがあるかもしれませんが、実は低カロリーでダイエット向きの食材でもあります(豚肉に含まれるビタミン類には美肌効果も☆)。


また豚肉には、牛肉の約10倍もビタミンB1が含まれて、ニラやタマネギ、ニンニクと一緒に食べると吸収率がさらに高まります。

よって疲労軽減・疲労回復が促進されるのです。



■豚肉メニューで疲労回復☆ 決め手はビタミンB1

ぜひ次回の食事の際には、豚肉丼やしょうが焼き定食などの「豚肉メニュー」をチョイスしてみませんか!!


☆------ しっかりビタミンB1が摂れるカンタン豚肉丼(2人分) ------☆


 豚肉メニュー.jpg


 豚肉(豚バラ、豚コマなどでOK) 200g
 タマネギ 1個
 ご飯   お茶碗2杯
 ●お出汁  1カップ
 ●お酒   大さじ2
 ●お醤油  大さじ2
 ●ポン酢  大さじ2
 温泉卵    2個
 白葱(お好みで) 適量
 紅しょうが(お好みで) 適量

1:1口サイズに切った豚肉をいためる。(油は豚肉から出るのでなくてOK)

2:たまねぎを加えて、いためる。(くし切りくらいが食感よくてオススメ)

3:たまねぎが透き通ってきたら●を加えて、汁気が少なくなってきたら、ご飯の上に盛り付け、温泉卵+白葱+紅しょうがをのせて、出来上がり!


その他、ビタミンB1を多く含む食材には、鶏肉やマメ類も最適です。
豚肉が苦手という方には、鶏肉やマメ類メニューがオススメ。

皆さまの参考になれば幸いです。


JrAFM_makino.jpg

ジュニア・アスリートフードマイスター
ジュニア・野菜ソムリエ
牧野美紀



ページの先頭へ

ページの先頭へ

スノーボード/スノボ情報|RSJ 

RSJ編集部☆注目ブログ

Powered By 画RSS


 

ページの先頭へ