白馬通信 vol.7【元SAJ認定ナショナルデモンストレーター 山田誠司さん】

スノボ スノーボード.jpg

スノボ・スキー場・リフト 割引き券・アルバイト募集情報
RSJ リアルスノードットジェイピー

HOME > 白馬通信 vol.7【元SAJ認定ナショナルデモンストレーター 山田誠司さん】

ウインタースポーツと食事学 コラム

白馬通信 vol.7
【元SAJ認定ナショナルデモンストレーター 山田誠司さん】


こんにちは♪ 
Jr.アスリートフードマイスター&Jr.野菜ソムリエ 
白馬モンビエのmonmamaこと 北沢節子です。

これからの季節は、バックカントリー、スキー・スノーボードの本番です!
圧雪されたゲレンデを飛び出して大自然の中で 雪山を登ったり滑ったり、これぞ雪遊びの醍醐味。  


私も40歳を過ぎてから、バックカントリーを経験しました。
先日も初心者でも行ける白馬乗鞍岳コースにチャレンジ!

途中までは栂池高原スキー場のゴンドラとロープウェイを使い自然園に向い、ロープウェイを下車した所で初心者向けにB.C.S.の心得が毎回レクチャーされています。 

それが終わったら白馬乗鞍を目指し、登山開始〜。
ハイクアップの辛さもなんのその! 整備されたゲレンデではない広い斜面を思いっきり滑る心地よさ!

かなりの距離を斜滑降してみたり、樹の枝にひっかかり大転倒したりもありましたが…(笑)
本当に楽しかったです♪ 


近年、ブームでもあるバックカントリー。

雪山では天候の急変に対応できる服装と装備、補食が必要になります。
また地元の山に精通したバックカントリーのガイドさんや、バックカントリーに精通された方が一緒だと心強いですね。 

最近では、初心者向けのバックカントリーツアーも数多くありますので、ぜひ興味のある方はチャレンジしてみてください♪


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

皆さんは「山岳スキーレース」というのがあるのをご存知でしょうか?

山スキー用具を用いてバックカントリーを登り滑る耐久レースで、ヨーロッパでは歴史と人気のある競技です。

数少ない日本国内の大会ですが本年、2013年4月7日(日)『第8回山岳スキー競技日本選手権大会』が栂池高原から天狗原の斜面を使って開催されます。

この過酷なレースに毎年参加されている選手に、元SAJ認定ナショナルデモンストレーター 山田誠司さんにお話を伺いました。


白馬通信山田誠司.jpg


元SAJ認定ナショナルデモンストレーター 山田誠司さんは…

3歳からスキーを始め、学生時代はアルペン競技を続けていました。
また高校時代は駅伝競技、グリーンシーズンのトレーニングにはトライアスロンにも出場される筋金入りのアスリート。


SAJ 全日本スキー連盟のデモンストレーターになったのが23歳。
資格取得が可能になる23 歳での認定を果たした人は、数名しかいないうちのお一人。

また、異彩を放ち始めたのは30歳以降、スキージャンプ複合で国体優勝。
その後テレマークスキーの日本の第一人者となり、世界選手権にも出場、山岳スキーにも精通するようになられたそう。 


現在47歳、そんな山田誠司さんを知る人は「Mr.ゴッド・オブ・スキー」と呼んでいます。


過酷な山岳レースでの上位入賞するのには、強靭な精神力と持久力です。
年齢を言い訳にせず、何事にも楽しんで挑戦する姿勢。

精神力は山田さんのポジティブな思考が影響しているようです。

そして持久力は、体型の維持と食事が関係しています。
以前は、ストイックに栄養管理されていたそうですが、現在は体型を維持して筋力を落とさない事に重点をおき、食を楽しんでいるそう。


ハードなトレーニングでも体重を落とさずに、体型をキープするのには、食事量は変えずに食べる順番と炭水化物の朝・昼・晩の配分量でコントロールしているとか。

同じ献立でも、糖質がゆっくり吸収されるように食べる順番を変えるだけで、糖質の吸収を緩やかにして、脂肪が蓄積されないようにコントロール。

食べる順番というのは最近注目されていて、ダイエット目的であったり、三大成人病予防であったり、その効果が期待されている方法です。


城西大学薬学部教授の金本先生も、腸での糖質吸収をゆっくりにするために、食物繊維豊富な野菜や海藻類などから先に食べること。 次に、肉や魚などのたんぱく質を中心に食べ、ご飯はその後に食べるように勧めていらっしゃいます。


それによって満腹感が得られ、最後に食べるご飯の量も少なくなり、体型キープに効をなします。

それにしても今まで私がお話してきたアスリートの皆さんは、食事のバランスや量に気を配っていると同時にご飯(炭水化物)の量が多いです!

パワフルに運動するためには、エネルギー源となる炭水化物の摂取が重要なんですね。


山田さんには八方スキー場で行われた技術選の合間を縫って、インタビューに応じてくださいました。 

お忙しい中を大変ありがとうございました。

たくさんのお話しを伺えましたので、次回に分けて記事にしてゆきたいと思います。 


次回は、カーボ・ローディング(グリコーゲン・ローディング)のお話しです。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


白馬の4月はそろそろ山菜の季節、今回は山菜をつかったメニューをご紹介します。

春は冬の間に身体に溜まった毒素を抜く季節、ほんのり苦味のある山菜はデトックス効果絶大! 

デトックスで体内を整え 栄養素が効率よく摂取できる身体になりましょう♪

北信州の郷土料理 「笹寿司」を応用して ふきのとうの香る寿司飯で作ってみました。


白馬通信笹寿司.jpg

 山菜たっぷり笹寿司


【材料】 2人分

ご飯  お茶碗2杯分
ふきのとう   1個 (茹でてアクを抜きみじん切りしておく)
すし酢     大さじ2

菜の花        2本
ゼンマイ水煮(3cm長さに切る) 50g
人参(千切り)    50g
しいたけ(薄切り)  50g
カニカマほぐし身   50g
しば漬け       50g
錦糸卵        30g 
ローストくるみ    適量
スナップエンドウ   1個
醤油・砂糖・酒・白だし

笹の葉(よく水洗いしたもの)  6枚



【作り方】

1:茹でて刻んだふきのとうとすし酢を 温かいご飯に混ぜて寿司飯を作る
2:ゼンマイ・しいたけを醤油・砂糖・酒で含め煮
3:人参を白だし・砂糖・酒で含め煮
4:菜の花は茹でて 白だしで和えておく
5:スナップエンドウはきつめの塩でゆで 斜め切りしておく
6:笹を裏返して寿司飯をお茶碗1/3量ほどをのせ 用意した具材を彩りよくのせてゆく



【ポイント】

菜の花・ふきのとう・ゼンマイなどは、成長するエネルギーがたくさんつまっている食材。 
そのエネルギーごと体内に摂り入れます。 

山菜などは特に繊維質が多いので腸内の大掃除に大活躍、綺麗になった腸では効率よく栄養素が吸収されます。

具材はなんでもOK! たくあんの千切り、佃煮のしいたけ、鮭のほぐし身、紅生姜など彩りを考えて、手軽な食材で作ってみてね♪

笹の葉の裏側に盛り付けると寿司飯がつかず、キレイにとれます。




monmama.jpg

Jr.アスリートフードマイスター & Jr,野菜ソムリエ
「白馬モンビエ」のmonmama こと 北沢節子

白馬モンビエ HP: 
http://www.montbien.com/



ページの先頭へ

ページの先頭へ

スノーボード/スノボ情報|RSJ 

RSJ編集部☆注目ブログ

Powered By 画RSS


 

ページの先頭へ