ゲレンデがとけるほど恋したい(男性編)|RSJコラム

スノボ スノーボード.jpg

スノボ・スキー場・リフト 割引き券・アルバイト募集情報
RSJ リアルスノードットジェイピー

HOME > ゲレンデがとけるほど恋したい(男性編)|RSJコラム

RSJ コラム

テーマ『ゲレンデがとけるほど恋したい(男性編)』


南カミナリ隼人.jpg12月に入りスキー場も続々オープンし、いよいよシーズンに突入!!

街にはイルミネーションが彩り、クリスマス商品が店頭に溢れています。

ネット上では、Twitterやmixiが活発になってきましたね。


>さて今回のコラムは、今シーズン身も心も暖かく過ごしたい男性に向けての『恋』のお話。 


皆さん “ゲレンデがとけるほど恋して” ますかぁ〜!?
スキー場で恋が育まれる確率は??
どうすればスキー・スノーボードで女性にモテるのか??

今回は、そんなスキー・スノーボード と 恋の関係を考えてみたいと思います…。


>☆まずは、男性編

最初にスキー場とは、非日常的な空間ということを頭に入れておきましょう。

好きな女の子を誘ってのスキー・スノーボードは、お付合いもしていないのに一緒に小旅行に行くようなノリ…。

また一緒にスキー・スノーボード滑っている時はモチロンのこと、車での移動や一緒に食事をしたりなど共に過ごす時間も長いワケです。

まずはココがポイントであり、ココを間違えると女性にはモテません(笑)

>さて、女性にモテる男性とは??

いつの時代どの女性誌を見てみても、おおよそ『優しい男性』ということになっています。

この方程式を スキー場に置き換えてみると『優しい男性』とは? つまり『待てる男性』のこと。

はっきり言ってスキー場での女性の行動には時間がかかります。ウェアに着替えるのも、ブーツを履くのも、男性の倍はかかります。

またスキー・スノーボードも男性ほど速くは滑れませんし、比べれば体力もないので休憩時間も長くなりがち。


高鷲スノーパーク.JPG また、お化粧直し や 食事の後のデザートタイムなどなど…。

男性がイライラしてしまうと、それが女性にも伝わります。

そうするとアナタとの関係はおろか スキー・スノーボード自体 嫌いになってしまうかもしれません。

そこで RSJ的なアドバイスとして、女性と一緒にスキー場に行くならば、滑り倒したい気持ちをまずは抑えて、女性の目線に合わせることが第一条件。

一緒に楽しく雪合戦したり〜、カフェで雄大な山々の景色を楽しんだり〜、地元でしか買えないお土産を一緒にさがしてみたりと、スキー場を「スポーツ」としてよりも「レジャー」として捉えてみませんか。


>続いては車です。

別に車のメーカーや車種がどうのこうのではなく、車内で一緒に過ごす時間はとても重要です。

ココで気をつけたいポイントは3つ。

 ・空調 ・お菓子(コンビニ) ・BGM

まず言うまでもなく安全運転が第一ですし、男性と違って女性は寒さには敏感なもの。 ですからさり気なく助手席に一枚膝掛けを用意しておきましょう…。

そんなちょっとした心配りを さらりとできる男性が素敵な男性なのです。

次にお菓子(コンビニ)と、お手洗いにも気を配って欲しいものです。
高速のサービスエリアや道の駅やコンビニなどでたびたび休憩をとり、女性がお手洗いにゆきやすい環境を作ってあげましょう。


そして決めてはBGM♪ 
BGMは、その車の中の空気感を作るモノ。
あらかじめ女性の好きなアーティストのCDや、ノリのいい曲、スローな曲など事前に用意しましょう。

ずっと同じCDをループさせるのも、良くも悪くもそのスキー・スノーボードの旅がより深く心に残ります…。 またその曲が二人の想い出の一曲になる可能性も秘めています。

しかし男性本位であまりにもイケてない選曲だと、聴くのもウンザリになってしまう場合が多いので注意が必要です。

雪道.jpg RSJ的におすすめなのは、行きの車内では 洋楽 HOUSE MIX CD。

ゲレンデへと向かう車の中はオシャレでアップテンポな曲でお互いの気分を上げましょう〜。

また帰りのBGMは、これからの関係を進展させるカギとも言える重要なアイテム。

車内でいい雰囲気が作れればあなたの印象もグッとアップ。 甘いR&Bやお洒落なスムースJAZZでまったりも良いですね。


また帰りの車内では ひと言、『寝てもいいよ!』と言ってあげてください。
スキー・スノーボードは朝も早いですし、誰だって疲れて眠くなります。

こんな一言で女性は救われます。 その際には車内の温度をちょっと上げて、なるべく車を振動をさせないようにゆっくりと優しく運転しましょう。


>さて、今回は『優しい男』というキーワードのもと書いてきました。


今や “スキー・スノーボードが上手いだけ” の男は、モテる時代ではないのです。

もちろん滑りが下手ではお話になりませんが、スキー・スノーボードは上手くて当たり前…。

その上で ゲレンデという非日常的な空間というメリットを活かして 女性に対し、気の利く『優しい男』をどうアピールするのか?が重要なのです。

繰り返して書きますが “スキー・スノーボードが上手いだけ” の男ではダメなのです。


まもなくクリスマス、そして年明けからはバレンタインデー、ホワイトデーと人肌恋しい季節です。

今彼女のいない男性の皆さん、純白の雪の様なピュアな恋愛ができますように…。

次回は『モテる女性編』をお楽しみに。


                           RSJ 副編集長
                           南“カミナリ”隼人




ページの先頭へ

ページの先頭へ

ページの先頭へ

スノーボード/スノボ情報|RSJ 

RSJ編集部☆注目ブログ

Powered By 画RSS


 

ページの先頭へ