スキー場 選びの新常識!! (前編)

スノボ スノーボード.jpg

スノボ・スキー場・リフト 割引き券・アルバイト募集情報
RSJ リアルスノードットジェイピー

HOME > スキー場 選びの新常識!! (前編)

RSJ コラム

スキー場 選びの新常識!!(前編)


今や「スキー場」のサービスもホスピタリティの時代
これからのスキー場選びの新常識!?

例えば…
飲食業なら、ゴハンは美味しくて当たり前。
その上でサービスがある。

電気製品だって、高性能が当たり前。
その省エネで環境にやさしい。


現代社会ではこの「付加価値」という言葉…。
ここ数年よく聞かれるようになったと思いませんか??

これからの時代、なんだって品質が良いのは当然。
その上で価格だってかなり安くなりました…。

そうなると、どの業界も本来の商品のポテンシャルと
それ以外のサービスの領域でいかに勝負するか!という
ことになりますよね。


そう! 今やなんにでも「付加価値」が求められる時代…。
もちろん この流れには「スキー場」だって逆らえません!!


今回は、誰もが知ってる あのサービスから〜、
意外と知られていないあんなサービスまで…。

スキー場のホスピタリティについて考えてみました。


●サービスデー

よくあるのは、お値打ちになる「サービスデー」の実施。

女性のお客さまリフト無料など「レディースデー」を実施している
スキー場って、今ではもう珍しくないかもしれません。


また「シニアデー」や「カップルデー」を設けている
スキー場もあったり。

昨シーズン(2011−2012)は、年齢が19歳の人であれば、
シーズン中 ずっとリフト無料という企画を、全国各地の
スキー場が合同で実施した「雪マジ!19~SNOW MAGIC~」
企画などは スキー業界でかなり話題となりました。


その他、誕生日の人はリフトが無料となる「ハッピーバースデー」
企画が話題の「スノーパーク尾瀬戸倉(群馬県)」。


スキーの日(1月12日)には来場のお客さまがすべて割引と
なる「沼尻スキー場(福島県)」など、独自のサービスを
実施しているスキー場は数多くあります…。


その他、ユニークなサービスのスキー場としては、リフト券購入
のお客様にレストランの生ビールが付く「得々45サービスデー」
を実施している「湯沢高原スキー場(新潟県)」。
ビール党のお父さんには超☆魅力的!!


また、リフト券のチケットに抽選番号がついていて、
地元 北陸のカニやお米や地酒など、超豪華なプレゼントが毎日
当たると話題の「スキージャム勝山(福井県)」などなど…。


もはやスキー場も ただスキーやスノーボードを滑りに来る所
という以外にも、来場客をいかにして「楽しませ!喜ばすか!」
という要素が当たり前な時代になるかもしれません。


続く…。


スキー場 選びの新常識!!(中編)を読む




ページの先頭へ

ページの先頭へ

スノーボード/スノボ情報|RSJ 

RSJ編集部☆注目ブログ

Powered By 画RSS


 

ページの先頭へ