潜入!蕎麦専門の製粉工場、その1| ワタライ製粉(株) @小牧市

創業 昭和38年。
蕎麦専門の製粉会社として 今年で なんと満50年!!
  
東海地区の約500店のお蕎麦屋さん、また 製麺会社などに
蕎麦粉を提供する、老舗の製粉会社 ワタライ製粉(株)さん。
 
先日は ご縁あって 製粉工場を見学させて戴きました。
  
蕎麦の製粉工場を見学します
 
数年前に 現在の場所に移転され、まだきれいで 新しい建物です。

その敷地内の1階〜2階の部分が、製粉工場になっており、
大型の機械が 所狭しと並んでいます。
 
ワタライ製粉さんでは、ほとんどの工程が 完全に機械化されており、
効率よく、また機能的に そば粉を生産されています。
  
玄そばこうして入ってきます
 
まず! これが「玄そば」のカタマリです。
 
国内はもとより、海外からも届く「玄そば(収穫後のそばの実)」は、
この様な 巨大な袋に詰められて 製粉工場に届きます。
 
 
玄そば脱皮
 
そして、砂や小石やゴミなどを完全に取り除きます。
その後、そば殻 と そばの実 を分離させます。
 
 
そば殻枕の材料 蕎麦、丸抜き後
 
    写真左:脱皮後、残ったそば殻        写真右:脱皮後のそばの実(丸抜き) 
 

残った そばの殻は、そば殻のまくらの中身(材料)になったり、
また 農家の方に引き取られ、畑の肥料になったりもします。
 
ムダな廃棄物を出さない仕組みにもなっており、実にエコですね。 
 
 
蕎麦製粉、大型振るい 揃えられた蕎麦の粒は、石臼へ
 
その後、脱皮後の そばの実を磨き上げ、そして 巨大なふるいに
何度も掛けては 大きさや粒を揃えてゆきます。
 
 
蕎麦、石臼挽き 蕎麦、石臼挽き2
 
 
そして粒の揃った そばの実は、15台もある 巨大な 石臼で挽きます。
 
ここまでくると、そばの実は 完全なる そば粉に変身です。
  
 
 ☆続き「その2」を読む・・・ 
 
 

^O^)/ ↓ ポチッ! ポチッ! ↓ ブログ・ランキング 今は 何位でしょうか?
 
 
 


About 蕎麦研究会|編集部
このブログは、あくまでも個人の感想です。 お店やお店のメニュー、その他 商品・サービス等の 全てを表すものではありません。   記事内の価格や商品などは取材時のものであり、現在は変わっている場合があります。 詳しくはお店の方、会社の方にご確認ください。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。