紗羅餐セントレア店|空港で手繰る、美味い 手打ち蕎麦!@愛知県常滑市

『紗羅餐(さらざん)』とは? フランス語で「蕎麦」という意味。
 
名古屋の「蕎麦文化」を底上げしたと言っても過言ではない 紗羅餐。
 
しかし地元だけでなく、先日も 東京の ソバリエ仲間と話していても
「紗羅餐」を知っている人もいて、蕎麦ツウの中では、今では
“紗羅餐系”と呼ばれるほど、広くその名は轟いている。。。
 
 
現在 お店は、名古屋市南区星崎の「本店」。
名古屋駅前の「ミッドランドスクエアー店」、千種区の「もとやま店」、
そして、ここ中部国際空港の「セントレア店」と 愛知県下で
4店舗 営業している。
 
  
実は 何を隠そう、私くし吉田あたろうは?
紗羅餐の運営する 丸の内の「蕎麦打ち道場」のメンバーであり、
ミッドランドスクエアー店のお手伝いをさせて戴いたこともあります…。
 
その時に親しくさせて戴いた職人さんが、今セントレア店にいらっしゃる
と聞き、今回「日本酒フェス」の後に お邪魔してみました!
 
 
紗羅餐セントレア店2
 
まず 暖簾をくぐると、ど〜ん!と 蕎麦の打ち場が鎮座する。

 
お店のメニューや雰囲気などは、本店や本山店、ミッドランド店と
比べると、空港という場所柄、いくぶんカジュアルです。
 
気軽に 美味しい蕎麦を手繰れて嬉しい!
  
  
紗羅餐セントレア店3
 
まずは、ビールに板わさ、そば味噌で 蕎麦前 を決め込む。

#瓶ビール一番搾り600円、板わさ450円、そば味噌530円
 
そば味噌は、そば味噌の中に つぶつぶの蕎麦の実が入っていた。
薬味と味のバランスもいい。 軽く炙られていて旨かった!
  
 
紗羅餐セントレア店4 紗羅餐セントレア店5
 
この日のメインは、二八そば 850円 を注文!
 
コシの強い 手打ちの細麺。
心地いい弾力感と、噛めば噛むほど よく香る 味わい深い蕎麦。
冷水でよく締められており、冷たく 喉越しがいい!

つゆは 醤油ベースの濃くない汁。
どっぷりと汁に浸しても辛くはなく、上品でバランスも良い。
  

海外に行く前に、また海外から日本に帰国して、とにかく美味い
本格 手打ち蕎麦が食べた〜い!という人には、ぜひオススメ!!
 

☆蕎麦工房 紗羅餐 HP http://sarrasin.jp/
 
 
^O^)/ ↓ ポチッ! ポチッ! ↓ ブログ・ランキング 今は 何位でしょうか?
  
 
 


About 蕎麦研究会|編集部
このブログは、あくまでも個人の感想です。 お店やお店のメニュー、その他 商品・サービス等の 全てを表すものではありません。   記事内の価格や商品などは取材時のものであり、現在は変わっている場合があります。 詳しくはお店の方、会社の方にご確認ください。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。