蕎麦・菜食 一如庵(いちにょあん)|ミシュランガイド掲載店 @奈良県宇陀市

蕎麦・菜食 一如庵(いちにょあん)|奈良県宇陀市榛原

奈良へ出張した帰り、宇陀市榛原の『蕎麦・菜食 一如庵(いちにょあん)』
さんを訪ねました。
 
なんと3年連続で「ミシュランガイド京都・大阪・神戸・奈良2013」で
星を獲得するお店。
  
場所は、近鉄の榛原駅から 車で約15分。
奈良から伊勢方面へと抜ける 古い国道沿い。
カーナビがなければちょっと難しく ちょっとした隠れ家のよう。 
 
奈良 一如庵2 奈良 一如庵3
 
築150年の古民家を改装したというお店。
土間のある玄関、囲炉裏、中庭…、故郷に里帰りしたような
鄙びたいい雰囲気です。
  
柱時計のコチコチした音も心地よく、座椅子の 座布団の下には
ホットカーペットの様なものが敷いてありお尻もあたたか。
 
心配りのある接客は素晴らしく、さすがミシュランガイドに
取り上げられるお店だと感心しました。
 
 
奈良 一如庵4
 
まずは、お茶とおしぼり、そばチップ。
 
 
奈良 一如庵10 奈良 一如庵11
 
メニューは、実にシンプル
蕎麦単品は「もり(十割)@1,000円」「辛味おろし@1,200円」
「手挽き@1,100円」。そして冬季のみの「かけ@1,000円」。
そばがき、てんぷら、玄米ご飯。
 
またコース仕立ての「一の膳(そばを含む約4品 @1,800円。要事前予約」
と「二の膳(そばを含む約7品 @3,800円 要前日予約)。
17:00〜「夜の膳 (そばを含む約8品 @6,500円。要前日予約)
 
この日は来店した時間が 14:00 を過ぎていたこともあり、
ふらっと訪れたにも関わらず空いており、一の膳を戴きました。
  
  
奈良 一如庵5 奈良 一如庵6

この日の前菜は、揚げ豆腐と和布の椀物。
関西風の薄色出汁。

続いては、まな板の上に4品も!
奥から雷豆腐の寒天よせ、黒胡麻豆腐、大根のステーキ、
原木椎茸の 湯葉巻き箱寿司…。
どれもとても上品な味付けです。 
 
 
奈良 一如庵7 奈良 一如庵8 

頃合いを見計らって メインのお蕎麦が登場。
見ての通り とても上品で上質。 
自家製粉の手打ちの10割で、細打ちで 弾力とコシのある白い蕎麦です。 
この日は茨城県産の蕎麦粉を使用とのこと。 

そしてこの蕎麦に、濃い目で甘辛のつゆが 実に最高です!
また蕎麦湯で割った時の伸びもよく、今まで色んなところで
お蕎麦を食べ歩いてきましたが、かなり印象的なつゆです。
 
 
奈良 一如庵9
 
最後は、玄米とこうその小豆ご飯。
4日以上寝かした もっちりとしたおこわご飯です。

なるほど精進料理とは、こういうものか…。
どれも初めての味わう食味のものが多く、柔らか、喉越し、
もっちり感と 色んな食感を一度に楽しめます。
 
 

高井の千本杉
  
 
帰り際のお会計の際に、大将が気さくに話しかけてくださり
ご挨拶して お話した際に…、

この地区のパワースポットでもある『高井の千本杉』も
訪れてみてください!とお聞きしたので行ってみました。
  
 
高井の千本杉2 高井の千本杉3
 
場所は、一如庵さんから 車で約5分ほど 山奥に入ったところ。
 
十数本の杉が融合した巨大な古木で、樹齢約700年。
弘法大師・空海がこの場所で弁当を食べて、その箸が成長した
という伝説もあるとか。とても神秘的な場所です。

一如庵さんへ訪れる方は ぜひセットで行かれたらよいでしょう。
  
 

最後に 一如庵の 大将、奥さま
美味しいお蕎麦とお料理をご馳走さまでした。
ぜひまた来店します!! 
 
 
 
店名:蕎麦・菜食 一如庵(いちにょあん)
住所:奈良県宇陀市榛原自明1362
定休日:第1・3月曜日、火曜日
営業時間:11:30-14:30 17:00-20:00(夜は前日予約)
 
 
^O^)/ ↓ ポチッ! ポチッ! ↓ ブログ・ランキング 今は 何位でしょうか?
 


 
 
 


About 蕎麦研究会|編集部
このブログは、あくまでも個人の感想です。 お店やお店のメニュー、その他 商品・サービス等の 全てを表すものではありません。   記事内の価格や商品などは取材時のものであり、現在は変わっている場合があります。 詳しくはお店の方、会社の方にご確認ください。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。