彫刻を高く買い取ってもらうためには?

彫刻骨董人間や動物、仏や神にいたるまで自由な表現ができる彫刻。日本で最初の彫刻といえば「土偶」や「埴輪」があるように、それぞれの国や地域で長い歴史を持っています。
また、彫刻というと木製の彫り物を想像する方が多いのですが、実は素材に決まりはありません。
ブロンズや金属類、象牙や珊瑚が使用されることもあります。
そんな彫刻は、有名な彫刻作家が手がけた作品の場合は高い価値がつき、高値で取引が行われます。
また象牙や珊瑚といった素材そのものの価値が加味されることもあります。

彫刻に買取は業者に依頼するのがおすすめ

オペレーター彫刻の世界は奥深く、素人がその価値を判断するのは不可能だといわれています。
そもそも彫刻の価値を決めるためには、「素材」の見極めが必要です。
たとえば象牙や珊瑚が使用されている彫刻なら、それが「本物」であるどうかを鑑定する必要があります。

そして、彫刻技術を評価する目利きも必要です。
彫刻の買取に力をいれている買取業者には、さまざまな芸術や文化を熟知している査定士、専門的な知識を持っているプロの査定士が在籍しています。
「どんな価値があるかわからない」
「少しでも高く売りたい」

そんな方こそ、買取業者に依頼するのが得策です。

彫刻の査定ポイント

【ポイント①】箱や付属品の有無

彫刻作品の箱購入当時の箱があるかないかで、買取額が変わる場合があります。
特に有名作家の彫刻の場合、署名付きの箱があればぜひ取っておくことをおすすめします。
「本物」と証明する判断材料になります。

【ポイント②】素材

血赤珊瑚たとえば象牙は「象の歯」であるため、時間の経過とともに牙の色が変化します。
こうした変化を「経年変化」と呼びますが、変化がはっきりしているものは「価値が高い」とみなされます。
また、珊瑚の場合は珊瑚の色やムラによって価値が変わります。
赤い珊瑚の中でも黒に近い「血赤珊瑚」は、高価買取になりやすい素材だといわれています。

彫刻を高く買い取ってもらうポイント

彫刻象牙作品彫刻は、凹凸部分に埃がたまります。
埃がビッシリつまっているものは査定額が下がってしまうことがあるので、事前にキレイにしておきましょう。

また、素材が象牙であれば日々のお手入れが重要です。
汚れがある場合は、石鹸をつけたブラシで洗ってください。
流すときはぬるま湯で、本体に傷が入らないようなブラシを選ぶようにしましょう。
洗ったあとは柔らかい布で水分を拭き取り、日陰でしっかり乾かしてください。

珊瑚も、日々のお手入れが必要です。
水分に弱いという性質を持っているので、水に濡れたらしっかりと拭き取り、乾燥させましょう。
人間の汗にも注意が必要です。
汗に含まれる酸によって光沢が失われ、美しさが損なわれることがあります。
触ったあとは、柔らかい布で汚れを拭き取るようにしましょう。

骨董倶楽部-ANTIQUE CLUB
タイトルとURLをコピーしました