刀剣を高く買い取ってもらうには

日本刀の刃刀剣の歴史は大変古く、日本では古墳時代にまでさかのぼります。特に価値が高いのは、平安時代後期から作られた「日本刀」です。

日本刀の特徴は、何といっても美しさと強さを兼ね揃えていること。反りがある長い刃は、鋭く丈夫で、簡単に折れることはありません。

そんな日本刀は現在、観賞用の美術品として知られています。刀を打つ職人は「刀工」と呼ばれ、有名な刀工が手かけた作品は高い価値を持ちます。

刀剣の買取は業者に依頼するのがおすすめ

日本刀の鑑定日本刀の鑑定は、決して簡単ではありません。
難しい理由のひとつに、刀工の数の多さが挙げられます。名を残している刀工だけでも100名を超え、刀の特徴も異なります。「名刀」と呼ばれるものはほんの一握りなのです。

さらに、「刃文」の種類が多いことも、日本刀の鑑定が難しい理由のひとつといえます。刃文とは「焼き入れ」という工程によって現れる波のような模様を指しますが、刃文は刀工の個性によって変化するので、重要な鑑定ポイントになります。

刃文は「沸(にえ)」「匂(におい)」と呼ばれる粒子で構成されていますが、日本刀の査定はこうした粒子レベルの違いを見極める鑑定力が必要になるのです。

以上のようなことがあるので、刀剣の買取査定を依頼する場合は、専門の知識を持つ査定士が在籍する業者にお任せするようにしましょう。

刀剣の査定ポイント

刀剣の買取査定が行われる際、どんなポイントがチェックされるのでしょうか。
以下、簡単にまとめてみました。

【ポイント①】登録証があるか

刀剣を所持するためには登録証が必要です。登録証がない刀剣は買取不可となります。

【ポイント②】錆

錆がない状態のほうが刀の価値は高いのですが、研磨するとしても数万円という金額が発生します。
そのため、ひとまずそのままの状態で専門の査定を受けてみましょう。
錆だらけの場合でも、登録証がある刀剣であれば買取ってもらえる場合があります。

【ポイント③】長さ

刀剣の長さも、査定のポイントになります。
「太刀」と呼ばれる日本刀は刃の長さが60センチメートルを超えますが、こうした日本刀は高価買取の対象になります。

【ポイント④】作られた時代

刀剣が制作された時代も査定の重要なポイント。
歴史的背景によっては、刀の価値を左右することもあります。

【ポイント⑤】銘があるか

いちばん重要な査定ポイントといえるのが「銘」です。贋作を見抜くための査定ポイントでもあります。
ちなみに、刀剣は贋作でも美術的要素、技術面が認められると買取の対象となります。
諦めずに査定に出してみましょう。

刀剣を高く買い取ってもらいためのポイント

日本刀刀を高く売るためには、やはり美しさを保つ必要があります。

そのため、定期的に錆びないように磨くなどのお手入れが欠かせません。

しかし、刀を傷つけてしまっては本末転倒です。

もし自分で手入れをするのが難しいようであれば、研師に依頼するなどして刀の美しさを保ちましょう。

骨董倶楽部-ANTIQUE CLUB
タイトルとURLをコピーしました